小陰唇肥大に悩んでいる場合|縮小手術でサイズの縮小が可能です

コンプレックスの元を断つ

女の人

人と比べる機会がほぼない小陰唇ですが、何らかのきっかけで人と比較した結果、自分の小陰唇が他の人よりも大きめだと知ると、それがコンプレックスになってしまう人は少なくありません。小陰唇は、多少人より大きい程度ならば気にすることはありません。しかし、左右のバランスがおかしかったり、自転車などに乗る時に小陰唇が自分の重みで痛くなるなど生活に支障が生じている場合、小陰唇の縮小手術を受けることも検討してみましょう。
小陰唇の縮小手術は美容外科及び婦人科で受診して行うことになります。基本的に簡単な手術なので失敗することはほぼありません。しかし、クリニックの先生の腕前によって仕上がりが若干左右されます。例えば、違和感のない手術跡も殆ど残らない手術をしてくれる先生もいれば、手術は成功したけど注意深く見れば若干手術をした痕跡が見つかるということもあります。小陰唇事態人に見せる機会が殆どありませんが、どうせなら手術の痕跡が殆ど見つからない所で受けたほうがコンプレックスの解消につながりやすいです。
評判の良いクリニック探しは、インターネットの口コミサイトで口コミ情報をチェックし、評判を比較して探すことになります。また、ランキングサイトで紹介されている上位のクリニックは基本的に腕の良い先生がいるクリニックで有名なため、口コミ情報の他にも立地や治療費などで比較を行い、気に入ったところに行き小陰唇の相談をしてみましょう。

手術で解消

女性

小陰唇は手術で縮小を行います。オーソドックスな手術方法は雌による余分な小陰唇の切除です。麻酔を使用した後切除するので痛みはほとんど無く、入院の必要もありません。

もっと見る

大手のメリット

お尻

小陰唇の縮小手術を選ぶ際、クリニック選びで迷っているのであれば大手クリニックを利用しましょう。大手ならば手術内容も良い結果であることがほとんどである他、アフターサービスなども優れています。

もっと見る

保険適用の有無

ウーマン

小陰唇の縮小は基本的に保険が適用されません。しかし、日常生活において何らかの支障が顕著に現れている場合は適用されるケースもあるので、クリニックに一度相談を行いましょう。

もっと見る